経験の浅い方向けのFX投資の情報では「マイナスになった時はナンピン買いをして、全体の平均の買い付けコストをコントロールする」等とアドバイスしているが、正直に言うとそこには大きな罠があると思います。LINEモバイルの評判と速度

はじめに、ナンピンのやり方について易しく説明します。ラーメン二郎 京成大久保店

ひとつの例として1ドル100円でドルを買ったとします。レモンもつ鍋

$(ドル)買いだから、円安ドル高になれば黒字が出ますが、不幸にして1ドル95円まで円高・ドル安に向ってしまったとします。磁北 方位

このままの状況で維持し続けたとしたらプラスになるためには、マイナス分円安ドル高が進まなければならない。ストラッシュ 脱毛

誰でも、赤字は出来るだけ早く0にしたいと考えるでしょう。http://simfree-smart.com/

そこではじめに売買したのと同額のドルを、1ドル95円で売買します。

それによって、全体のコストは97円50銭まで下げることができます言い換えると、半分の幅でドル高に推移すれば損失を失くせます。

それが、ナンピン買いの理論です。

こういうふうに、ナンピンの仕組みを聞くと「もっともだ」と考えたりするが市場は容易には問屋を卸しません。

最初から、1ドル=95円が底だということなど、誰にも分かるわけがありません。

仮に、外国為替市場が相当に強い円高ドル安基調だとすれば、1ドル=95円ではとどまらずさらに円高にいくリスクがある。

仮に、1ドル97.50円でナンピンをしたとしても1ドル95円まで円高になったとしたらナンピン買いをした分についてもマイナスが生じることになってしまうのである。

こういう状況では最初にエントリーしたドルと一緒に損失が生じます。

それゆえ、ナンピンは難しいのだ。

ならば、外国為替市場が物語とは反対の方向にさっと行ってしまった場合、どのような方法で危険性をコントロールすればいいのでしょうか。

ここで取れる選択肢は2つだけあります。

ひとつは覚悟を決めて損切りをする事です。

ふたつめはその段階で、持っているポジションを縮小することで、再度市場が戻るのを大人しく待つ事です。

少し大人しい対策だと感じる投資家もいるでしょう。

だが、持っている買いポジションに損失が出た時正しい方法はこの2つ以外には期待できない。

確かに、机上ではナンピン買いをするという考え方も有効です。

だがしかしナンピン買いは自分か損失を披っている場面にもかかわらず買いポジションを小さくするどころか遂にポジションを買い増していく方法です。

これでは、危険をコントロールすることなど、とても無理だと思ったほうかいいだろう。

ナンピン買いをし続ければいつの日にか損を取り返せるかもしれません。

けれども、そうなる先にお金が不足してしまいます。