外国為替証拠金取引(FX)をやる興味深いところは単独の金融商品あるはずがお金を掛ける期間を短・中・長という3種類の期間からいずれを選択するのかにより、資本の投下の方策がまったく異なることにあると言われます。マカの優れた6つの効果と栄養素まとめ

第一に外貨投資する「長い期間の投資」に関して見てみましょう。

長期とは、一年以上の長期出資を前提にしています。

基本的に為替レートで、一年も後の相場は円高だろうか、もしくは円安なのかを予測するのは、ほとんど困難に近いです。

普通の人は、「そんなにも後の状況のことは考えられない」と思うのが本当のところだと思います。

見当もつかないものを頭を悩ませて予想しようと思ったところで無理な行為なのです。

そのことから、他の貨幣を買ったと仮定して、そのタイミングでのレートよりも円高に変わったとしてもしばらく経てば円安に戻るはずだという軽い感覚でチャレンジするのが良いでしょう。

為替差益を一生懸命に求めることではなく他の方法での儲け、それはスワップ金利(異なる通貨間の金利格差)を大きくするということを一番最初のターゲットとして投資してみましょう。

もちろん、ちょっとの間で為替変動による損がすごく膨らんでしまうこともあります。

よって、こういう場合のような損があっても影響のないよう、レバレッジを少なめでやり取りする心がけは大事です。

FX(外国為替証拠金取引)は損が決まった金額を上回って増えてしまうと、追い証が出て来たりそれとも損切りになったりします。

ストップロス(ロスカット)を置いたらその時点で取引を決済しなければならず、長期の投資がダメになります。

例のようなリスクを抑えるためにはレバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を2?3倍程度でトレードするのが良いでしょう。

次に中期の投資でのトレードを考えてみましょう。

中期の投資の場合最大で1?2ヶ月ほど後々を予測しての売り買いを行うのです。

為替の売買の場合は、およそ1ヶ月ほど後のことであればおおよそ予知できるでしょう。

先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議(G7)などの国同士のミーティングの内容や為替市場に参加している人たちがどんな内容に着目しているかを考えてみればそれなりに予想がつくのです。

こうしたファンダメンタルズを見ながらなおグラフを確認することによって、為替レートの動向を理解できるようになり買いか売りかを判断する方がいいでしょう。

基本的にファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)とジャッジのどちらも良い方向であり、または買いが同様であればほとんどの場合その方向に動いていくと思って良いでしょう。

そのような時はポジションを増やすことでより一層多くの利益をもらえると思います。

第三に短期のコツ。

ここでいう短期スタンスは言い換えれば日計り取引のことを意味しています。

為替相場でデイトレードを行う際は、経済情勢はまるっきり絡まないと断言していいです。

それは明日の為替のレートの変化にファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)は関連がないからです。

ここでの重要ポイントは大きい催し物がある場合それによりレートが変動するタイミングを逃さないよう取引することです。

例としてアメリカ合衆国にて雇用情勢が提示される、または金融政策等によって金利が動くくらいの出来事。

こういった絶好の機会に変移をものにするといった理由で、短期スタンスでは技術的な知識が必要になる。