事故は、自分だけの自損事故と自分以外が関与した自動車事故がございます。赤ちゃん 女の子 服

自損事故の場合には事故処理をすれば終了となりますが他人に迷惑をかけた交通事故はそれぞれにどのくらい手落ちが存在するのかを確かめて、その状況によって車の修理費や示談金の額などが決定されるので、保険会社の担当の方を交えながらの話し合いが必要です。ホワイトヴェール

大多数の自動車での事故のケースで相手だけでなく自分にもちょっとは落ち度がある時が普通でどちらか一方だけの手落ちを追及する状態は多くありません。

当然の事ですが赤信号で進んでしまった、一時停止無視などの交通違反によって起きた事故はかなりの責任がありますが、被害を受けた方にも不注意が指摘されます。

自動車での事故の時にはどの運転手の落ち度が原因で起きたのかという結論がすごく焦点にされますのでこれを数字で示したのが《過失割合》になります。

ひとつの例として、先ほど述べた赤信号無視や一時停止を無視した事情なら交通法の上では相手の人が10割ミスがあるように思いますが、この場面で事故を起こした車が正面から来ており目視で確認できる状態だとすれば被害者だったとしても注意不足として10%ぐらいの過失が認められる事もあります。

よってこの状況では事故を起こした側が9割、自分1割の過失と結論付けされ数値が大きいとそれなりの過失が問われる状況になります。

そして事故の過失の割合それまでの事故判例を参考にして決定する場合が多く、日弁連交通事故相談センターから明示されている基準等が目安として利用されています。

この過失の値が大きければミス結論として賠償金も大きくなりますから事故に関する話し合いは事故に関わった人だけでなく自動車の保険屋さんの担当を交え慌てずに話し合うことが大事です。