車を売る場合、また買い取りのさいも印鑑証明というものが必要になります。コンブチャクレンズ

この印鑑証明という書類に関して解説していきます。

印鑑証明というのはその印鑑が実印として認められていることを実証する公式な書類です。

印鑑証明がないのであればその印鑑に関して実印であることがわかりません。

高額な商談になる自動車の買い取りなので実印が要ることになりますがその際に印鑑証明が出てきます。

役所で印鑑証明を交付してもらうには発行前に印鑑証明をする必要があります。

登録する印鑑は通称、実印と言われこの世に一つだけのはんこでなくてはなりません。

実印を持ってお近くの市役所などの受付に行くことで、印鑑登録できます。

印鑑登録の手続きが完了すると印鑑登録カードを発行してもらえて登録が完了したハンコは実印として認められたということになります。

印鑑証明、正式名称は印鑑登録証明書を交付してもらうには市役所などの取次ぎ所へ行き専用の用紙に必要項目を書き込んで、印鑑登録カードを出すだけで大丈夫です。

他にも、自動交付機を使って印鑑証明書を発行することができます。

印鑑証明には有効期限などはありません。

そのためどんなに前の印鑑証明であろうが効力は半永久的に持続するということになります。

ですが、クルマ買い取りのときには必要となる印鑑証明は現在より3ヶ月以内に発行された書類である必要があります。

通常は有効期限を気にする必要はないのですがクルマ買い取りの時は相手側が期限を決めているので所有車の買取の予定があるとしたら、事前に用意しておくとスムーズに進みます。